FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/12/06 (Sun) The way to Biancograt - Vol.7


『ボバール小屋』
(August 2, 2015)

Mortratsch (1,896m)(15:15)-Chamanna da Boval SAC (2,495m)(17:00)
-Mortratsch (1,896m)(18:30)


*******


レスト2日目。
お天気は相変わらず冴えませんが、
午後から回復予報。
明日からの本番を思えば、
多少なりとも体を動かしておきたいところですが、
観光もしたいし・・・。

とりあえず、「高所順応」と「下見」を理由に、
Pit Berninaを西側から間近に見られるという
コルヴァッチ(Corvatsch)展望台3,306mへGO!



15080216
ベルニナやらチェルバ小屋が見えるはずだったんだけどね。。。




>> 期せずして盛りだくさんの一日になっちゃった。



*******


コルヴァッチまではバスで。
途中で乗り換えてロープウェイ駅まで行くこともできますが、
シルバプラナ(Silvaplana)で降り、
のんびり湖を眺めながらコルヴァッチまで歩くのがお勧め。



15080201
上は生憎のガスガス


コルヴァッチは、エンガディン・ロープウェイの中で、
標高で最高の3,306mにある展望台です。



15080202
スキーで来たいねー!


ここでビアンコを間近に見て気分を盛り上げつつ、
高所順応もばっちり!!
というシナリオだったんですが、
眺望ほぼ0(笑)



15080203
まぁ、予想通りですけどね。。。


イメトレはできませんが、
せめて高所順応だけは・・・
ってことで、
1時間ほどコーヒーして下山(笑)

下りのロープウェイでは、
予報通り好転してきた天気のおかげで、
素晴らしい眺望を楽しむことができました♪



15080204
ウインドサーフィンやサイクリングしたーい!!!


山に登らなくても、
ここで過ごすだけで、十分価値がると思いませんか???

のんびり湖畔を散策して、
ピクニックランチして寝そべっていると、
もうそれだけで満足感が広がってきます。


(マウスオン)



ほっこりしていると、
これで満足~な自分になってきます(*^^*)
すると、脳内には自分のプランに疑問が・・・。

「ビアンコグラートは確かに素敵だけれど、
カンブリーナだけでへろへろだったしなー、
富士山だって、登るより見てる方がいいしなー」


つらい思いするよりも、
明日の山行、キャンセルしちゃおかな・・・。
ついつい弱気な気持ちになってきたら、
頭の片隅から、別のささやきが。

「おいっ、わりゃあ!
どんだけ金と休暇使うてココ来てんねんっ!
親兄弟や同僚、友人、あげくは犬猫にまで迷惑かけてんねんっ!!
景色だけなら写真でええ。
そんだけのもん使うて来とるんやから、
ここに来なくちゃでけんことせいっ!!!」


そうだ、そうだった!
こんなんで終わっちゃうなんて、
日本に帰って人に言えないー!!

既に午後ですが、
20時までは明るいここスイスでは、
今日はまだまだ。
であれば、行くか!
というわけで、狙っていたハイキングコースの起点、
モルテラッチ氷河駅へ向かいます。



15080207
お馴染みになってきたレーティッシュ鉄道


コルヴァッチからは小1時間ほどの距離なので、
駅に着いたのは15時過ぎ。
ここエンガディンでハイクしたことがないので
トレイルの様子が読めませんが、
一般コースなのでしんどいところはないでしょう。
遅くまでのハイクを想定していなかったため、
ヘッドランプを持参していないので、
17時を戻りの目安として、ボバール小屋を目指すことにしました。



15080208
モルテラッチ氷河、右にベルニナ、正面にピッツ・パルー


予想通り、ここのトレイルも整備されて歩きやすいです。
名前はわかりませんがお花も豊富で、
ハイキングだけでも十分に楽しめます。

高度を上げてくると、
先日登ったカンブリーナが視野に入ってきます。
「あれを登ったんだ・・・!」
と思うと、感激もひとしお。
しばし、見とれて悦に入るワタシ。



15080209
ここから見ると、寝た岩山だなぁ(^^;)


目指すボバール小屋は、
モルテラッチ山等のバリエーションルートの
ベースにもなる小屋。
そのため、短パンにロープ等装備をかついだ方々もちらほら。

話をすると、みなさん「いつかはビアンコ行きたいね」。
私も行きたいです、自分で。
私は、あれこれしょうがないからガイド登山だけれど、
みなさん、自力ビアンコ目指して頑張れー!



15080210
やっぱり美しいよ、ビアンコグラート。


高度を上げるにつれ岩山になってくるので、
軽装といえどもしんどくなってきます。
スピードも上がらなくなり、時間切れかというぎりぎりで、
なんとかボバール小屋に到着。

明日の登攀を前にくつろいでいるクライマーや、
ハイキングの家族などなどで、
小屋は賑わっていました。







カメラを回すスピードが速すぎてすいませんっ!
モルテラッチ山、ビアンコグラートと回り、
氷河を回りながら、
パルー、カンブリーナ、ディアボレッツアが見えてきます。
先日私が歩いたルートとともに、
明後日、明々後日に私が歩くルートが一望です。

ここでビールでも飲みたいところですが、
予定の17時を回ってしまったので、
後ろ髪ひかれつつの下山。

あとは下るだけなので、
行きにスルーした花の写真などを撮りながら
ハイク終了。



15080211

15080212 15080213



お預けだったビールは、
戻ったポントレジーナで楽しみました♪



15080214 15080215
地ビール!!んまかった♪


さぁ、軽く歩いたし、高所順応もたぶんOK。
いよいよ明日は出発です。
がんばれ、ワタシ!

海外 | trackback(0) | comment(2) |


<<The way to Biancograt - Vol.8 | TOP | The way to Biancograt - Vol.6>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

うひょ~~~~
すばらしいですね、なんどもいってますけど。
これは一生のお宝経験でしょう。
素敵すぎてため息ばっかりです。
うらやましすぎー!

2015/12/08 12:18 | chie [ 編集 ]


 

chieさん、
ありがとうございますー
いやー、今回写真見ていて、
自分でも「いいとこ行って来たなー♪」そう思いました(爆)
それだけに、デジイチじゃなかったこととか、
構図だとか(センスのなさだとか)、
残念至極に存じます・・・(ToT)
でもそれでいいのかもね!
で、「また行こう!」って気になるという(^^)

2015/12/09 23:36 | い [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mtgm.blog13.fc2.com/tb.php/576-8ebb71ed

| TOP |

プロフィール

いず。

Author:いず。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
3_banner_1

Calender

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

FC2カウンター

お気に入りのブログ

3_banner_1

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。