FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/09/13 (Sun) The way to Biancograt - Vol.2


『マイエンフェルト散策:赤ルート』
(July 29, 2015)

マイエンフェルト駅(14:00)-(15:00)ハイジハウス(16:00)
-マイエンフェルト駅(17:00)


*******


そんなこんなで、
ジュネーブ到着の翌日には、
ポントレジーナを目指して移動です。

ところが残念なことに、生憎の雨。
まぁ、移動日なんで関係ないっちゃ関係ないんですけれど、
となると、急いで到着してもやることないし、
せっかく途中下車できるチケットだから観光でも・・・
とガイド本を見ていたら、
なんと途中に、日本人観光客が大挙おしかける
「ハイジ村」があるというではないですか!



15072920
車内には、もれなくこんな案内が出ます。とても親切♪



天の啓示とばかりに、
立ち寄り決定~♪



>> でもなんだか、メルヘンというよりはホラー・・・



*******


実はワタシ、
「アルプスの少女ハイジ」って、
アニメも本も、
ちゃんと見たことも読んだこともないの(^^;)
なんでファンでもなんでもないんで、
楽しめるかどうかがちょっと不安。

で、目指すはローカル駅のマイエンフェルト。
急行は止まらないので、クール駅で普通電車に乗り換えます。



15072921
普通電車はこんなにラブリー♪


SBB(スイス連邦鉄道)って、
本当に観光客フレンドリーでして、
電車の時刻は日本同様、ほとんどオンタイムです。
ですので、オンライン時刻表を利用することで、
電車移動のスケジューリングはラクラク。
ただ現地のwifi環境は鉄板ではないので、
携帯契約をしていないとローカル駅では繋がりません。
そういう場合は、
『i』の字のインフォメーションを探して駅名を連呼すれば、
目的地までの行き方をプリントしてくれます(^^)v
ホント、SBBってステキ♪



15072922
駅の待合室。地味。


現地では大量の日本人を覚悟していたのですが、
日本人どころか、人っ子ひとりいないし。
どこぞの団体の後でもついてくかーと思っていたのに、
あてが外れちゃいました。
となれば自力しかないわけで、
駅から徒歩数分の「ハイジハウス」にて、
ハイク道の情報収集。



15072923
街中いたるところにこんな看板アリ


ゆかりの地を巡るハイキングコースは、
ざっくりと二本。
赤が2時間程度の簡単お手軽コース
青が4~5時間程度のロングコース。

標識という標識に英語がないので焦りますが、
(ドイツ語と思われる)
ハイクコースに関しては、標識の色で識別できます。



15072925
かなり歩いてから、色通り歩けばいいとわかったのね


マイエンフェルトの街並み、
こじんまりとしていてラブリー。
でも、持っているハイジのイメージ
(山の中に住んでいる)とはちと違うので、
なんだかちょっと違和感。



15072934



おまけに、ブドウ園の脇を歩いていくという。
頭の中に「ハイジ」がなければ、
とてもきれいな景色なんですけどね・・・。



15072926
広大なブドウ園。びゅーてぃふぉー


舗装路を散歩感覚で歩いていくと、
ほどなくハイジの時代を再現したという
ハイジハウスに到着。



15072927



多くは語るまい。
残念四連発。



15072928
二宮金次郎ばりの銅像オンジ





15072929
いわくありげなハイジとペーター




15072930
ジェイソンなオンジ




15072931
ホラーなクララの車椅子


嗚呼、
誰の趣味なんだろうか。
これらを喜ぶハイジファンがいるとは思えんが・・・。

気を取り直して裏に回ると、
中のホラーな様相が想像できない
ラブリーな外観にホッ。



15072932



「わざわざ」来なくてよかったです。。。
もしかすると、ここからさらに標高を上げて
物語のエピソードとリンクしている青コースを歩いたら、
もっと感動できたのかもしれませんね (^^;)

赤コースの周回を終えて振り向くハイジの山は、
お天気のせいもあるのか、
やはりホラーな雰囲気でした。。。



15072933
むぅうううう・・・・


ハイジファンのみなさん、
こんなレポートで申し訳ないす・・・ m(__)m
でもお土産の関連グッズは、
お馴染みのアニメのハイジで満載でした。
ファンのみなさんにはたまらないでしょうね、きっと。


海外 | trackback(0) | comment(4) |


<<黒部川・小黒部谷 | TOP | The way to Biancograt - Vol.1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ハイジ 

その名の友のおかげで子供の頃見たイメージがぶち壊され素直に見れんのは俺だけではないはず。

ヨーゼフの姿がみえんな、トライのドッグランメニューでも行ってるのかな?

2015/09/14 14:26 | ぬ [ 編集 ]


 

>ぬ
ははは(^^)
私の脳内では「同音異義語」になってるよ(笑)

2015/09/15 07:41 | い [ 編集 ]


 

izuさん

私はハイジファンではないですが(ないので)大変すばらしいレポートでございました!
どこのどなたのセンスかが非常に気になりますね。

2015/09/15 12:21 | chie [ 編集 ]


 

>chieさん
よかった、ハイジファンじゃなくて(笑)
お役所でも絡んでいるんでしょうか、
スタジオ・クロコダイルのハイジもまっつぁおと思われ(^^)

2015/09/16 00:05 | い [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mtgm.blog13.fc2.com/tb.php/570-6cc6b7c8

| TOP |

プロフィール

いず。

Author:いず。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
3_banner_1

Calender

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

FC2カウンター

お気に入りのブログ

3_banner_1

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。