FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/10/05 (Sun) 探検家・角幡唯介さんの講演会へ行く


日本山岳会主催の、
『探検家・角幡唯介さんが語る-「探検」と「本」』
に行ってきました。



kakuhatasan



私の中の角幡唯介さんは、
なんだかどうも、
どういう位置づけで考えたらいいのかわからなくて、
印象が「もやっ」としてしまっていたのですが、
今回、お話を聞いてスッキリ納得。

彼は、『作家』だったんだっ!!!


>> そんなの当たり前だろ、と外野から突っ込まれてますが(^^;)



*******


プロフィールを見ても、
彼のコアが『探検』であることはわかるのですが、
やっている行為が「山」とからむ部分が多々なので、
「彼の中に“やまや”な部分はあるのか?」
というのが、私の中でなんとなく疑問としてくすぶっていたわけです。

講演はといいますと、
(よく突っ込まれるらしいですが)
「書くことは不純か」といったことから、
出版された本の裏話とか、
探検論、冒険論にまで話が広がり、
短い時間ながら、大変興味深かったです。
一番印象に残ったのは、冒頭につながるのですが、
読者が受けるであろう印象を考え、文章をきっちり構成し、
練り込んで作品を作っている、ということ。

そりゃ、だらだら書いてて賞をもらえるわけないよね、
とは頭ではわかるんですけど、
ほら、やってることがすごいし・・・ねぇ。。。

彼は『探検家』であると同時に、プロの『作家』なんですね。
行動の世界観を言葉で表現する。
これまでの疑問がすべて氷塊しました(^^)

今回話題に上った
狼の群れと暮らした男』、
読んでみよっかな。

よもやま話 | trackback(0) | comment(0) |


<<沢トレ@モミソ岩 | TOP | クリーン・クライミング@小川山>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mtgm.blog13.fc2.com/tb.php/526-7f07a452

| TOP |

プロフィール

いず。

Author:いず。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
3_banner_1

Calender

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

FC2カウンター

お気に入りのブログ

3_banner_1

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。